相続相談:税務調査

税務調査が行われることになってしまうと、いわゆる脱税を行ってしまったというイメージを持つことも多いのではないでしょうか?しかしながら、相続税の場合にも時として税務調査が行われることがおおくなります。それは故意に脱税を行ったというよりも、相続したと考えられる財産と相続税の間に大きな隔たりがあると税務署が判断する場合には、税務調査が行われることが考えられます。このような場合にどのように対処すればいいのか一般の人にはなかなか判断が付きにくいものです。

仮に、申告漏れが見つかってしまった場合には、追徴金が科せられることになってしまいます。追徴金などへの対応はやはり税理士に相談するのが一番良い方法になります。実際には税務調査に入られる前に税理士に相談をして、税務調査の対象にならないような正当な相続税の支払いを行っていくことをすることが肝要です。

相続税の額は大きなもので更には、その計算法が比較的に複雑で、しかも納税額に誤りがある場合に、税務調査の可能性があり最終的には高額の追徴が求められることもあります。ですので、あらかじめ税理士に相続相談をして、全てを税理士の指示のもとに行っていくことが肝要であると考えて良いでしょう。


相続相談:長期的視点

相続をする場合には2種類のパターンがあります。両親のうちの一人が亡くなった場合の一時相続とそれに続くもう一人の親が亡くなった時の二次相続です。二次相続の場合にも相続財産が大きなものである時には、高額の相続税の支払いが必要になってきます。一時相続から二次相続を行うまでの間は比較的長い期間であることが多いものですが、一時相続の段階で税理士に相談をしておくと、次の二次相続に関して長期的な視点で税理士との相談が可能になります

二次相続の際に高額の資産を相続する可能性が高い場合には、その前に税理士に相談をすると、専門家の立場から様々なアドバイスをいただけるようになってくるので、節税対策において非常に有効であるといえます。例えば、事業継続のような形態をとることが出来ればかなりの節税につながることも多くなります。

相続税に限らず、いろいろな種類の税金の問題は非常に複雑で、なかなか一般の人間にはわからない部分も多いものです。ですから、一時相続の際に税理士に相談をしてその対策を行っておくと、様々な面での税に関する相談をその税理士に行うことで大きな節税となることも期待されてきます。節税は大きな家計の助けとなるものです。


相続相談:メリット

親からの相続財産がある場合には相続税の申告の手続きが必要になります。手続き自体は個人のレベルで行うことも可能なのですが、煩雑な処理が求められますので、実際の所は専門家に相談することが賢い対策法になってきます。司法書士や行政書士などに相続相談するという方法も考えられますが、税理士に依頼をした方が多くの恩恵を受けることが可能になる場合が多いものです。

税理士に相続の処理をお願いすると相続税を正しく支払うことが可能になります。また、将来再び相続税を支払う必要が出て来た時も税理士とこの段階でコンタクトを取っておけばスムーズに処理を行うことが出来ます。また、仮に相続後に税務調査が行われるような場合にも税理士に相談すると正しい対応を行えるようになるというメリットがあります。

親からの相続財産がある場合にはその相続額に応じた相続税を支払う必要があります。相続財産が大きなものである時にはそれに応じた額の支払いが必要になります。どのくらいの相続税を支払う必要があるかについては、かなり複雑な計算方法が必要になる場合もあります。

例えば相続する人数によってもその額が変化することになりますし、更には相続財産の評価額によっても変化します。すなわち、相続した財産について税理士に相談をすれば、必要以上に相続税を支払わなく手も済むようになることが期待できます。節税対策にお勧めといえます。お仕事を自営でされている方の場合には、税理士のアドバイスを受けることによって、事業継承の形になりますので、相続においては有利に働くことになります。