相続相談:税務調査

税務調査が行われることになってしまうと、いわゆる脱税を行ってしまったというイメージを持つことも多いのではないでしょうか?しかしながら、相続税の場合にも時として税務調査が行われることがおおくなります。それは故意に脱税を行ったというよりも、相続したと考えられる財産と相続税の間に大きな隔たりがあると税務署が判断する場合には、税務調査が行われることが考えられます。このような場合にどのように対処すればいいのか一般の人にはなかなか判断が付きにくいものです。

仮に、申告漏れが見つかってしまった場合には、追徴金が科せられることになってしまいます。追徴金などへの対応はやはり税理士に相談するのが一番良い方法になります。実際には税務調査に入られる前に税理士に相談をして、税務調査の対象にならないような正当な相続税の支払いを行っていくことをすることが肝要です。

相続税の額は大きなもので更には、その計算法が比較的に複雑で、しかも納税額に誤りがある場合に、税務調査の可能性があり最終的には高額の追徴が求められることもあります。ですので、あらかじめ税理士に相続相談をして、全てを税理士の指示のもとに行っていくことが肝要であると考えて良いでしょう。