相続相談:長期的視点

相続をする場合には2種類のパターンがあります。両親のうちの一人が亡くなった場合の一時相続とそれに続くもう一人の親が亡くなった時の二次相続です。二次相続の場合にも相続財産が大きなものである時には、高額の相続税の支払いが必要になってきます。一時相続から二次相続を行うまでの間は比較的長い期間であることが多いものですが、一時相続の段階で税理士に相談をしておくと、次の二次相続に関して長期的な視点で税理士との相談が可能になります

二次相続の際に高額の資産を相続する可能性が高い場合には、その前に税理士に相談をすると、専門家の立場から様々なアドバイスをいただけるようになってくるので、節税対策において非常に有効であるといえます。例えば、事業継続のような形態をとることが出来ればかなりの節税につながることも多くなります。

相続税に限らず、いろいろな種類の税金の問題は非常に複雑で、なかなか一般の人間にはわからない部分も多いものです。ですから、一時相続の際に税理士に相談をしてその対策を行っておくと、様々な面での税に関する相談をその税理士に行うことで大きな節税となることも期待されてきます。節税は大きな家計の助けとなるものです。